出産祝い 60周年限定3557本 1957トリロジー スピードマスター オメガ 311.10.39.30.01.001 手巻【未使用品】【返品不可】【質屋出品】【楠本商店】OMEGA SS-メンズ腕時計

(for vocal browsers: toc, main)

Google
WWW 全体 ミズノ セレクト9 (1AJGR16603) 軟式野球 野手用グラブ MIZUNO

出産祝い 60周年限定3557本 1957トリロジー スピードマスター オメガ 311.10.39.30.01.001 手巻【未使用品】【返品不可】【質屋出品】【楠本商店】OMEGA SS-メンズ腕時計!

ハイロジック アルミ板 100mm×1300mm 厚さ10mm【smtb-s】






商品詳細

メーカー オメガ
タイプ メンズ
名称 スピードマスター 1957トリロジー 60周年限定3557本
REF/CAL REF.311.10.39.30.01.001 CAL.1861
材質 SS
ベルト ブレスタイプ
駆動方式 手巻
年式 2017年
ケース径/腕周り 38.6mm(カタログ値)/20cm位迄(フルコマ)
付属品 段ボール箱 外箱 内箱 ギャランティーカード(2017年10月 正規) ピクトグラムのカード カード収納ケース SS尾錠付未使用革ベルト SS尾錠付NATOストラップ 限定証明書 取説付
コンディション 未使用品
*特にコメントするところのない極上のコンディションです。ブレス保護透明シール、裏蓋保護透明シールが付いている状態です。ブレス未調整です。*文字盤拡大画像で針の中心付近にキズのようなものが確認できるかもしれませんが、これは風防中心部のΩマークが写りこんだもので実際はきれいな状態です。
保証 「当店オリジナル6ヶ月保証」ですが2017年10月○○日~2年間のメーカー保証も付いています。
腕周りの調整など ご希望があれば無料で調整して発送致しますが、未使用品に付き調整後の返品は不可です。
コメント
*プラ風防 スクリューバック 60M防水
*18石 21,600振動 カム式 秒針停止機構なし
*1957年に初代スピードマスターが発売されてから60周年を記念して限定生産されたモデルで初代モデルの復刻と言っていいと思います。夜光は程よく退色したような色味のものが使われていますが、トリチウムではなくスーパールミノヴァです。ベゼルの書体はオリジナルモデルとは異なりますが、古い感じのする書体が使われています。文字盤の「SPEED MASTER」の書体はいわゆる「下がりr」になっています。ブレスはキャタピラブレス風になってはいますが、オリジナルの雰囲気は、あまり再現されていない感じです。キャタピラブレスは大変魅力的なブレスではありますが、現在の基準からすると、華奢でブレス調整も不便ですので、現代の時計として十分な強度と利便性を確保しながら、キャタピラブレスの雰囲気を再現しているようです。ブレス調整はネジで簡単に行なえるように変更されています。オリジナルのムーブメントはCAL.321ですが、このモデルに使われているのはCAL.1861です。CAL.1861は現行のスピードマスターにも使われているものですが、1968年開発のCAL.861とほとんど同じもので、たいへん完成度が高く、長年使われているムーブメントです。CAL.861とCAL.1861の主な違いはCAL.861が金メッキ、CAL.1861はロジウムメッキです。CAL.861は赤金メッキが多いようですが、後期はイエローゴールドメッキに変更されています。ロジウムメッキのCAL1861は1997年~です。
*ブレス以外は、かなりオリジナルの雰囲気がよく再現されていると思います。付属の革ベルトは古い感じのするものが付いていますので、付替えてみるのも面白いかもしれません。
*化粧箱のデザイン、書体、色味も昔のオメガ風になっています。箱に「HIGH PRECISION」と書かれているのも何となく昔風で面白いと思います。

»(もっと詳しく知る)

出産祝い 60周年限定3557本 1957トリロジー スピードマスター オメガ 311.10.39.30.01.001 手巻【未使用品】【返品不可】【質屋出品】【楠本商店】OMEGA SS-メンズ腕時計

»(もっと詳しく)

出産祝い 60周年限定3557本 1957トリロジー スピードマスター オメガ 311.10.39.30.01.001 手巻【未使用品】【返品不可】【質屋出品】【楠本商店】OMEGA SS-メンズ腕時計?

Debian JP Project は、 Debian Project との協力関係の下に以下のような活動を行っているボランティアで構成される任意団体です

もちろん、あなたのプロジェクトへの 参加 は大歓迎です。 詳しくは、Debian JP Project について をご覧ください。